こだま小児科

診療受付・予約システム「アイコール」

当日の診療受付ができます。
診察券番号をお持ちでない方の受付、予防接種の予約はできません。
お電話にてご相談ください。

インフルエンザ予防接種 予診票

お知らせ

THE手あての医療p173-p179 こっちが泣きたいよ!すぐ泣いちゃう子どもの病歴聴取のコツ2019年4月1日

分担執筆させていただきました。 私は、「手」を大事にしています。 手をあたたかく、触られて嫌な感じがしないように保つことを大事にしています 今回、分担執筆させていただいた本は、手あてを、体だけでなく、

さらに見る

しくじり症例から学ぶ総合診療2019年3月30日

どんな名医でも、診断ミスがあります。誤診も失敗も必ずあるのです。 どんな仕事でも、細心の注意を払っていても、避けられないことがあるのです。 プロフェッショナルは、そこから学べる人であると思います。 失

さらに見る

明日から使える!小児外来・救急でのコツとピットフォール2019年3月3日

    埼玉県にお招きいただき、講演をさせていただきました。 テーマは、小児救急ということでした。 実は、小児救急からはしばらく遠ざかっていましたが、 もう一度勉強しなおしてお話さ

さらに見る

未来の子どもたちに抗菌薬を残そう~Less is more~2019年1月21日

外来小児科学会の学会誌に、抗菌薬適正使用についての論文を掲載していただきました。 当院に通院されている患者さんみなさんにご説明していることではありますが、抗菌薬は風邪には効きません。中耳炎や肺炎、溶連

さらに見る

軽症重症こどものみかた2019年1月20日

看護師さん向けのセミナーを大阪でしてきました 100人近い参加者の方々と一緒により良い小児科診療について考えてきました 「看護の力を信じる」 看護師だけでなく、親御さんの家庭での看護が大事です こだま

さらに見る

教育講演:小児科外来での消化器症状のみかたとpitfall

  子どもは、よく嘔吐します。また、下痢や腹痛を訴える頻度も多いです。 胃腸炎が多いのですが、心筋炎や髄膜炎など、命にかかわる見逃せない疾患であることもあり、診察に気を使います。 日々の診療

さらに見る

発熱:小児内科 Vol.50 2018年増刊号 小児疾患の診断治療基準 第5版2019年1月6日

小児疾患の診断治療基準という特集に、発熱についての論文を掲載していただきました。 この本は、私自身が研修医の時にいつも参考にした特集なので、ありがたいお仕事でした。 発熱の原因は多岐にわたりますので、

さらに見る

【研修生感想】岩脇史郎先生2018年12月21日

研修に来られていた公立藤岡総合病院の岩脇先生から感想をいただきました。 協力いただいた患者さんたちに感謝いたします 今後も私自身研鑽を続けていきます。よろしくお願いします。 以下感想文です 12/17

さらに見る

【必読!】当院のインフルエンザ治療について。とくにイナビル、ゾフルーザなど1回投与のもの2018年12月2日

今年もいよいよインフルエンザの流行がスタートします。 インフルエンザウイルスは、毎年必ず流行を起こします。手洗いうがい、予防接種による予防が一番です。 しかし、どうしてもうつってしまうことがあります。

さらに見る

【研修生感想】森田真知子先生2018年11月21日

埼玉医科大学総合医療センター小児科後期研修医の森田真知子先生から見学の感想をいただきました。 研修にご協力いただいた患者さんとご家族に感謝いたします。 これからも、良い医療人を育て、自分自身が良い医療

さらに見る