こだま小児科

診療受付・予約システム「アイコール」

当日の診療受付ができます。
診察券番号をお持ちでない方の受付、予防接種の予約はできません。
お電話にてご相談ください。

インフルエンザ予防接種 予診票

こんなときには

熱性けいれんについて(4):熱性けいれんの原因とは?2016年4月16日

髄膜炎ワクチン

前回は、「けいれん」、「非けいれん発作」と、「振戦」についてお話しました。けいれんかな?と思ったらビデオで撮影しておいてくださるとわかりやすいです。 今回は熱性けいれんの原因です。 熱性けいれんの原因

さらに見る

熱性けいれんについて(3):熱性けいれんの「発作」とは?2016年4月13日

前回は熱性けいれんが、5歳未満のこどもにおこる38℃以上の発熱に伴って起こる発作であることをお伝えしました その中で、 発作性疾患(けいれん性、非けいれん性を含む) という言葉がでてきました。 けいれ

さらに見る

熱性けいれんについいて(2)こどものけいれんをみたら(熱性けいれんの定義)2016年4月11日

前回は、熱性けいれんの頻度についてお話しました。熱性けいれんは小児の20人から30人に1人起こる「よくある病気」です。 熱性けいれんは、 主に生後6~60か月までの乳幼児期に起こる、 通常は38℃以上

さらに見る

熱性けいれんについて(1)ガイドラインが変わりました2016年4月8日

熱性けいれんガイドライン2015

こどもが高熱とともにけいれんした! という状態を熱性けいれんと呼びます。 有病率は7~11%と日本は諸外国より多いとされてきたが、 5歳までで3.4%というデータもあります。 だいたい20人から30人

さらに見る

抗菌薬適正使用啓発週間「抗生剤ってどう使うの?」2015年11月20日

抗菌薬適正使用

ときどき「他のところで抗生物質をずっと処方されているのです、飲み続けて大丈夫ですか?」と質問を受けることがあります 今週は、世界的に「抗菌薬を適正に使おう」という啓発週間になっています。 こだま小児科

さらに見る

アレルギー検査について2015年3月8日

3月~4月は卒業入学のシーズンです。 当院には岩出市や紀の川市以外にも和歌山市や橋本市などからもお越しになります。 幼稚園や保育所、小学校に入学/進級のこどもたち、おめでとう! と、同時に一部の子ども

さらに見る

急な発熱の時は!?(1):なぜ発熱するの?  2015年2月12日

はじめに要点! ・発熱は防御反応です。体を守るために発熱しています。   こどもは急に発熱します。熱がでてしんどそうなこどもたちをみていると、かわいそうで、心配になるのが親心です。 医師にな

さらに見る