こだま小児科

診療受付・予約システム「アイコール」

当日の診療受付ができます。
診察券番号をお持ちでない方の受付、予防接種の予約はできません。
お電話にてご相談ください。

インフルエンザ予防接種 予診票

お知らせ

当院での感染対策:検査について(コロナウイルスの検査は当院では行えません)2020年3月12日

日ごろから当院の診療方針にご協力いただきありがとうございます。

・待合室の混雑緩和のための自家用車待機、

・マスク着用での受診

・不要不急の受診を避けること

について、冷静に対応してくださっていることを感謝します。

さて、今回は、厚生労働省から、感染管理の指針に基づいたお願いです。

http://ur0.work/SDma

今回の指針を受けて、当院では、迅速検査は限定して行うこととします。

「保育所/幼稚園から調べるように言われた」という理由では検査しません(今まで通りですが、より厳密に判断します) 。

*3月11日の日本医師会からの推奨では「例えばインフルエンザなどの場合には検査をせずに臨床診断にて治療薬を処方することをご検討ください。 」

http://dl.med.or.jp/dl-med/kansen/novel_corona/2019chi_461.pdf

 

当院では、検査を全くしないというわけではなく、

検査する場合は、ゴーグル、エプロン、マスクなどを着用しておこないます。
患者さんをばい菌扱いしようと思っているわけではなく、指針に基づいた感染防御と理解ください。

検査にかかる費用は保険で払われますが、保険にかかる費用はもともとみなさんの税金なのです。

検査をたくさんすれば病院は利益があがるかもしれませんが、社会としては損失になりえます。

検査をするべきかどうかは、医師の良識的な判断が必要なのです。

今までの臨床経験から、ほとんどの病気の症状の経過はわかっていますので、症状と診察の結果から臨床診断として治療します。

臨床研究でも、丁寧な病歴聴取と身体診察で十分な診断・治療ができると示されています。

また、当院にかかりつけの患者さんは、ほとんどの場合、私の申し上げた経過か、それより早く良くなっていることを経験されていると思います。

ときに予想通りの経過にならないときがありますが、そのときは、考え直します。

コロナウイルスの迅速検査は、まだ、一般医療機関では(もちろん当院でも)行えません。そして、個人的には重症な患者さんが適切なタイミングで検査できるように一般医療機関での検査は控えるべきと考えています。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします

こだま小児科 院長